旅行に行くなら安い方がいい!お得な旅行計画の仕方

旅行をするに辺り行き当たりばったりに行っても費用が掛かることが多いです。そこで計画性のある旅行プランを立ててお得な旅行プランにしましょう。 - 飛行機に安く乗る方法にはどんなものがあるの?

飛行機に安く乗る方法にはどんなものがあるの?

http://www.etour.co.jp/旅行を計画する時に、考えることは、行先、日程、そして予算ですよね。この予算の部分は割と重要で、予算によって、行先や日程が決まってくることも多いと思います。
飛行機を利用していく場合は、新幹線や電車、バスを利用していく場合よりもコストが多くかかることが多いので、予算によっては、あきらめなければいけない時もありますよね。でも、飛行機でしか行けない場所に行きたい、飛行機を使っていくことが醍醐味である、ということも多いはず。
少しでもコストを下げて、飛行機に乗れる方法はないのでしょうか。
飛行機が、新幹線や電車の価格設定と根本的に違う点は、いつ乗るかによって、価格が変わるということです。
多くの人が利用すると予想されている夏休みや、ゴールデンウィーク、年末年始などのハイシーズンと、あまり利用する人がいな帯とでは、価格に差があります。
できるだけコストを抑えて飛行機を利用したいという場合は、この価格差に注目すると良いと思います。
また、飛行機は、格安航空券モールで航空券を予約して乗ることが多いと思いますが、予約の時期が早ければ、前割が効きます。前割で購入した場合は、キャンセルできなくなってしまうので、確実に利用することが決まっていないと購入するのはちょっと危険ですが、コストを下げて、飛行機を利用したいという人には、見逃せない割引ですよね。
他にも、当日キャンセル待ちをして、通常より大分安い値段で飛行機に乗る方法もありますが、これは、利用客が多いハイシーズンや昼間の時間帯には、キャンセルが出ないことが多いので、せっかく計画していた旅行ができなくなってしまう恐れもあるので、ある意味ギャンブル的方法ですね。
利用客の少ない時期や時間帯で、キャンセルがでる確立が高い場合に、使える方法だといえそうです。
家族で飛行機を利用したいと考えている場合は、小児料金にも注目です。飛行機は、国内線では3歳未満は無料となっています。3歳以上になると、小児料金が発生します。
この小児料金、大人の料金の半額かと思いきや、そんなことないんです。こちらも時期によって多少上限しますが、ハイシーズンでは、大人とほとんど変わらないこともあるので要注意です。
小児料金といえど、席は一席使用しますから当然なのかもしれませんが、3歳の子どもがいたら、料金が三人分、と考えると、飛行機で行きたいところがある場合は、子どもが三歳になる前に行っておきたいような気がしますね。
飛行機に少しでも安く乗るために、色々な方法を探してみましょう。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫

更新情報

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

menu

△PAGE TOP